So-net無料ブログ作成

パフェ [レシピ]

【材料】パフェグラス約2杯分
アイス…190ml
ホイップクリーム…250ml1本
シリアル…少々
トッピング…イチゴ、チョコソース、イチゴジャム、お菓子等お好みで。

・生クリームとホイップクリーム
前回は生クリームを使いましたが、今回はホイップされた状態で販売されたものを使用します。
250mlとありますが200mlの生クリームを泡立てた時よりも量は少ないのでご注意ください。
絞り口がついているものを選ぶと絞り袋に移さないでそのまま使えるので便利です。

・アイスについて
パフェやサンデーなど撮影にアイスを使う時に気をつけなければいけないのは室温を下げていてもアイスが溶けていってしまうということです。
そのためアイスを選ぶ参考にしていただくために種類について簡単にご説明します。
市販されているアイスは成分によって「アイスクリーム」、「アイスミルク」、「ラクトアイス」に分類されます。
「アイスクリーム」…乳脂肪分が最も多く含まれている。
 口当たりを良くするために空気が含まれていて、空気が少ない方が密度が高く溶けにくくなります。
 空気含有率が20~40%のものを「スーパープレミアム」、それ以上のものを
 「プレミアム」「アイスクリーム」と分類されます。
 そのためスーパープレミアムは溶けにくいのですが値段がやや高めです。
「アイスミルク」…乳脂肪分が含まれているが、植物性脂肪が含まれている場合もある。
「ラクトアイス」…植物性脂肪が多く使われている。
 安価ですが溶けやすいです。
 実際にラクトアイスとアイスクリームを同じ器に盛った時にラクトアイスの方が溶けるのが早かったです。


【調理器具】
スタジオ備品:アイスクリームディッシャー、アイスクリームサーバー、パフェグラス、ガラスボウル、ココット皿、トング、グラス
持参していただくもの:なし

2014.05.22.パフェ01.jpg

【手順】
1:撮影をはじめる少し前に冷凍庫からアイスをだしてやわらかくしておきます。イチゴを洗って縦に四分の一にカットします。
2:イチゴパフェを作ります。ジャム、ホイップクリーム、ジャム、ホイップクリームの順にパフェグラスに盛り付けてグラスが広がる手前くらいまでシリアルを入れて土台にします。
2014.05.22.パフェ02.jpg

3:ホイップクリーム、アイスの順にのせます。
2014.05.22.パフェ03.jpg

4:アイスの周りをクリームでかざります。
2014.05.22.パフェ04a.jpg

5:お好みのお菓子で飾って完成です。チョコレートパフェを作っている間にアイスが溶けてしまうのでいったん冷凍庫に入れます。冷凍庫はあまり高さがないので上がひっかからないようにご注意ください。
2014.05.22.パフェ05.jpg

6:チョコレートパフェを作ります。チョコソース、ホイップクリームの順でいれてスプーンでくるりと混ぜてマーブル状にします。この時のポイントは外側から見えるようにグラスを軽くこするように混ぜるのと、混ぜすぎないようにするの2点です。この後もう一度チョコソース、ホイップクリームをいれて軽く混ぜます。
2014.05.22.パフェ06.jpg

7:グラスが広がる手前くらいまでシリアルを入れて土台にして、上にホイップクリームとアイスをのせます。こちらはアイスを2つにしてみます。アイスのバランスをとるために反対側に棒状のお菓子を挿します。チョコソースをかけたりお好みのお菓子で飾って完成です。
2014.05.22.パフェ07.jpg

8:今回はイチゴパフェとチョコレートパフェにしましたが、他にもフルーツパフェや、抹茶アイスやあずきを使った和風のパフェ、スーパージャンボパフェなど作品に出てきたものを再現したり自由にお作りいただけます。
2014.05.22.パフェ08.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0