So-net無料ブログ作成

フレンチトースト [再現レシピ]

「僕のランチを邪魔するな!」に登場するフレンチトーストを作ってみました。
作品内では4枚切りの食パンを使用していましたが、店頭でなかなかみないため8枚切りを使用しています。
公式サイトでも作り方が詳しく載っています。

【材料】
卵…2個
牛乳…90cc
砂糖…40g
バター…ひとかけら

1cmの厚さに切ったバケット…4枚
ベーコン…バケットの大きさの半分のサイズ4枚
スライスチーズ…2枚
ミニトマト…2個
塩、コショウ…お好みで

食パン8枚切り…2枚
クリームチーズ…30g
イチゴジャム…適量


【調理器具】
スタジオ備品:フライパン、フライ返し、ボウル、泡立て器、計量カップ、包丁、まな板、スプーン
2016-01-22-料理-010.jpg

【手順】
1:食パンを半分に切ります。縦と横の長さが違う場合は長い方を切ります。
ボウルに卵、牛乳、砂糖を入れて良く混ぜます。
本来は平らなバッドに入れるのが良いのですが、ない場合はボウルに卵液を分けていれてパンを浸します。
パンの表面全体に一度卵液をつけたあと30分程放置して、時々ゆらしてあげます。
焼くシーンのみ撮影される場合は着替える前につけておいても良いでしょう。
2016-01-22-料理-020.jpg

2:バターをひいたフライパンに食パンを重ねて弱火で蓋をしてじっくり焼きます。
焦げ目がついたらひっくり返して両面を焼きます。
焼きあがったら少し大きめのお皿に移して冷まします。
2016-01-22-料理-037.jpg

3:スライスチーズ、ミニトマトを半分にカットします。
バターをひいたフライパンにバケット、チーズ、ベーコン、ミニトマト、チーズ、バケットの順に重ねて
蓋をして弱火で焼きます。
焦げ目がついたらフライ返しで形が崩れないようにひっくり返して両面を焼きます。
焼きあがったらお好みで塩コショウを少々振ります。
2016-01-22-料理-026.jpg
2016-01-22-料理-034.jpg

4:食パンは卵でくっついているのでぺティナイフで浅く切り込みを入れます。
大きく切ったり、無理にはがそうとするとパンがはがれてしまうので要注意です。
イチゴジャムを少しいれてから横幅に合わせて切ったクリームチーズをいれて、またイチゴジャムをお好みの量を入れます。
2016-01-22-料理-106.jpg

5:完成です。
2016-01-22-料理-074.jpg

チョコサンドクッキー&イラストドリンク [レシピ]

【材料】(各1食分)
チョコ…50g
イチゴクランチチョコ…30g
牛乳…15cc
クッキー…12枚
飾り用チョコ…20g
飾り用ホワイトチョコ…20g
オブラート…人数分、練習用

飾り用チョコはチョコペンでも可能です。

【調理器具】
スタジオ備品:片手鍋、ボウル大×2、小×2、ゴムベラ、パレットナイフ、ぺティナイフ、まな板、泡立て器小
持参していただくもの:クッキングシート
2016-01-07-料理-007.jpg

【手順】
1:チョコを細かくしてボウルに入れます。
薄い板チョコは手で細かくして、厚みのある板チョコはぺティナイフで刻みます。
まな板の下にフキンを敷くと滑りにくいです。
2016-01-07-料理-019.jpg

2:ボウルにポットのお湯を入れ、少しだけ水を足して湯煎をしてチョコを溶かします。
温めた牛乳をチョコに10cc、イチゴクランチチョコに5cc混ぜます。
2016-01-07-料理-039.jpg

3:クッキーにパレットナイフでチョコを塗ってサンドします。
チョコは余った場合ホットミルクに溶かして飲んでも美味しいです。
飾り用のチョコを湯煎で溶かし、三角に折ったクッキングシートで包みます。
クッキーとオブラートにチョコで模様を書きます。
チョコが冷えて模様が書けなくなってしまった時はクッキングシートからはがしてボウルに戻し再び湯煎します。
2016-01-07-料理-052.jpg

4:ドリンクを作り模様を書いたオブラートを浮かべます。
揺らしたり、時間の経過でオブラートが溶けて模様が沈んでしまうため、撮影する直前に入れましょう。
オブラートは2~3枚重ねると沈みにくくなりますがかたまりになってしまうため、飲む前にスプーンなどでどかすことをお勧めします。
2016-01-07-料理-060.jpg

各ドリンクに浮かべてみました。
2016-01-07-料理-064.jpg

5:完成です
2016-01-07-料理-089.jpg